『Fallout 4』、3本のDLCが発表。3か月連続で配信


Bethesda Softworksは、『Fallout 4』のダウンロードコンテンツ3本を発表し、2016年3月より3か月連続で配信する予定であることを明らかにしました。今後も年内にさらなる展開を予定しているという。

Automatron
価格:9.99ドル
配信時期:2016年3月

1

謎のメカニックが、コモンウェルスに“ロボブレイン”を含むロボット軍団を解き放った。プレイヤーはロボット達を撃破することで、パーツを手に入れて自家製ロボット・コンパニオンを作成できるようになる。ボディや装甲、武器、アビリティなど、数百種類のパーツが用意されており、その中には最新の「Lightning Chain Gun」も含まれている。ロボットのペイントやボイスの選択も可能だ。

Wasteland Workshop
価格:4.99ドル
配信時期:2016年4月

2

生け捕りにしたレイダーやデスクローを収容する“闘技場”を設計し、設置できるようになる。捕獲したクリーチャーは飼い慣らしたり、住人と戦わせたりすることが可能。そのほか、ニキシー管のライトや文字制作キット、剥製といった装飾要素も含まれている。

Far Harbor
価格:24.99ドル
配信時期:2016年5月

3

シンス(人造人間)の探偵、ニック・バレンタインの事務所に新たな依頼が舞い込んだ。プレイヤーは若い女性と共に、「Far Harbor」と呼ばれる謎の島へと渡ることになる。この島は高レベルの放射能汚染により、極めて過酷な環境が広がっており、シンス、アトム教の信者、そして地元住民が激しく対立している。
DLCの規模としては「シリーズの中でも最大」とのことで、各勢力のクエストや複数の入植地、新たなクリーチャー、ダンジョンに加えて、高性能なアーマーや武器も登場する。

商品イメージFallout 4
発売日:2015-12-17
参考価格:¥ 6,772

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。