三部作!『アサシン クリード クロニクル チャイナ』が4月22日に配信


ユービーアイソフトは、PS4/Xbox One/PC用ダウンロードソフト『アサシン クリード クロニクル チャイナ』を4月22日に配信すると発表しました。価格は1,400円。

「アサシン クリード クロニクル」は、「チャイナ」「インディア」「ロシア」の全3部作コンテンツで、中国明王朝の末期、インドがイギリスと戦ったシク戦争、そしてロシアの10月革命期を舞台に、アサシンたちの新たな物語が紡がれるアクションゲーム。

「アサシン クリード ユニティ」のシーズンパス購入者は無料ダウンロード可能。「インディア」「ロシア」の配信日については現在未定となっている。

「アサシン クリード クロニクル チャイナ」
中国明王朝の混迷期、1526年が舞台となります。主人公は復讐のために祖国に戻った、中国最後のアサシンであるシャオ・ユン。偉大なるエツィオ・アウディトーレによって訓練された彼女は、復讐と同胞の救出を目指します。

偵察、スニーキング、そしてステルス。口笛と変装で敵を翻弄してください。ターゲットを見つけ出し、倒し、そして逃げ切るのです。全ての「アサシン クリード」シリーズのように、動きの自由度は重要です。危険の回避、障害物の乗り越えなど、本作でも自由自在なキャラクターの動きを楽しめます。

敵に気付かれてしまったら、戦闘でこれを排除しなければなりません。接近戦での格闘術、強力な剣、そしてシューブレードも役に立ちます。

「アサシン クリード クロニクル インディア」
1841年、シク王国とイギリスの東インド会社との対立が起こっていたインドが舞台となります。過去にアサシンの幹部でもあったテンプル騎士がアーティファクトを携えてインドに到着。アルバーズ・ミールはその来訪の目的を探る事、そして彼の愛する者たちを守る事となります。

「アサシン クリード クロニクル ロシア」
1918年、10月革命直後のロシアが舞台となります。ニコライ・オレロフは家族と共にロシアからの脱出を企図していましたが、アサシン教団幹部より、最後の任務が発令されました。それはボリシェヴィキが、捕らえたロシア皇帝ファミリーを幽閉している場所に潜入し、アサシン教団とテンプル騎士団が古より奪い合っているアーティファクトを確保する事です。

大混乱の中オレロフはなんとかアナスタシア王女の救出に成功しました。アーティファクトと王女を保護している間は、戦闘を避けて逃げなければなりません。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。