『トランスフォーマー ライズ オブ ザ ダーク スパーク』、日本国内で8月28日に発売


スクウェア・エニックスは、『トランスフォーマー ライズ オブ ザ ダーク スパーク』(PS4/PS3)を8月28日に発売すると発表した。価格は各7800円(税抜)

「トランスフォーマー ライズ オブ ザ ダーク スパーク」は、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督による全世界で27億ドルをあげた歴史的大ヒット映画「トランスフォーマー」シリーズ最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』を補完する、サイバトロンの世界を舞台にした三人称視点のアクションアドベンチャーゲーム。

古の遺物「ダーク スパーク」をめぐる物語で、シングルプレイヤーキャンペーンでは、オートボットのヒーローたちと、宿敵ディセプティコン双方の視点で描かれ、オンラインマルチプレイではファンからの要望が強かった、ウェーブベースのサバイバルモード「エスカレーション」が再び追加。このモードでは最高4人で協力プレイが可能となっている。

また、ディフェンスシステムのアップグレードが行われ、お馴染みの敵の登場や、過去作のキャラクターを選ぶこともできるように。さらに、キャラクター育成システムが新しく導入され、シングルプレイモードとマルチプレイヤーモード共通の経験値で追加キャラクター、強力な武器、特殊能力、消費型のマルチプライヤーボーナスなどを獲得することができるようになった。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。