PS4、2015年の年末・年始商戦期に世界合計570万台を販売


ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、2015年の年末・年始商戦期においてプレイステーション4が570万台以上の実売を達成し、2016年1月3日時点で全世界の累計実売台数が3,590万台を突破したことを明らかにしました。

そしてPS4タイトルは、販売店およびPlayStation Storeにおけるソフトの実売本数は3500万本を突破。メンバーシップサービスPlayStation Plusは、2015年の年末商戦期の加入者数が、2015年同時期と比較して60%増加しているとのこと。

「この年末・年始商戦期も、世界中の多くの皆様に新たにPS4をお選びいただき、ユーザーコミュニティが更に拡大していることを大変嬉しく思います。本年は、SCEワールドワイド・スタジオの『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』、『New みんなのGOLF』、『人喰いの大鷲トリコ』をはじめ、ソフトウェアメーカー各社様からもこれまでにない圧倒的なPS4タイトルラインアップをお届けするとともに、革新的なエンタテインメント体験をご提供していきます。どうぞご期待ください。」
(代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウス)

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。