『バイオハザード リベレーションズ2』、ストーリーやファーストトレーラーを公開


カプコンは、2015年初頭に発売を予定している『バイオハザード リベレーションズ2』(PC/PlayStation 4/PlayStation 3/Xbox One/Xbox 360)のファーストトレーラーを公開した。

本作は「バイオハザード リべレーションズ」の物語的な続きでなく、同じコンセプト、同じ精神で制作されたと言う意味での“続編”。「バイオハザード」シリーズの持っている様々な要素の中から特に “恐怖”にフォーカスする、と言った最も大事な部分はもちろん、シリーズで語られていない“ミッシングリンク”を埋めるストーリーや、息を付かせぬ、クライマックスの連続…シリアルドラマなど、前作で喜んでもらえた要素をしっかりと受け継ぎ、更にプレイヤーの皆様を驚かせる作品へと仕上げていくとのこと。

■STORY

すべてのバイオテロの始まりとなった、ラクーン事件における数少ない生存者のひとりであるクレア。
彼女はその後、バイオテロや薬害を告発し、被害者を支援するNGO団体「テラセイブ」に所属し、多忙な日々を送っていた。

2011年-。
テラセイブの本部が突然の襲撃を受ける。
クレアと、彼女の友人であり、新入職員でもあるモイラは、何者かに拘束されてしまう。
孤島に打ち棄てられた収容所で目覚める二人。
状況も掴めぬうちに彼女たちが目にしたのは、人ならざる物に無残に殺されてゆく仲間の姿だった…。
絶望的な状況から、クレアとモイラの脱出劇(サバイバルホラー)が始まる。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。